糖尿病や甲状腺の病気が専門の日進市(名古屋市東部)の内科クリニックです。

世界糖尿病デーのライトアップ

世界糖尿病デーのライトアップ

世界糖尿病デー

世界糖尿病デーとは?

2006年12月20日、国連は国連総会義で、IDF(国際糖尿病連合)が要請してきた「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を加盟192カ国の全会一致で可決しました。同時に、従来、国際糖尿病連合(IDF)ならびに世界保健機関(WHO)が定めていた11月14日を「世界糖尿病デー」として指定しました。
※11月14日は、インスリンを発見したカナダのバンティング博士の誕生日です。

IDFは決議に先駆け、”Unite for Diabetes”(糖尿病との闘いのため団結せよ)というキャッチフレーズと、国連や空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」を使用したシンボルマークを採用。全世界での糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。

糖尿病・甲状腺いしやま内科クリニックも糖尿病との闘いに団結するという活動に賛同し、当院のロゴに想いをこめています。
当院のロゴについて

ブルーライトアップ

世界糖尿病デーに合わせて、世界各地で様々なイベントが行われます。イベントの一環としてIDFのブルーサークルにちなんでブルーライトアップが各地で行われます。愛知県内でも名古屋城や岡崎城の大手門などがライトアップされる予定です。

糖尿病・甲状腺いしやま内科クリニックも、かんばんをブルーにライトアップしました。

いしやま内科クリニックの2018年のライトアップ期間
11月1日~11月30日までの1ヶ月間当院のシンボルをブルーにライトアップします。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional