糖尿病や甲状腺の病気が専門の日進市(名古屋市東部)の内科クリニックです。

糖尿病

糖尿病とは?




糖尿病とは、慢性的に高血糖状態が持続してしまう病気です。
ブドウ糖が筋肉や脂肪細胞などに入るためにはインスリンの手助けが不可欠です。インスリンの助けがないと、細胞に入ることができず、血液中のブドウ糖の濃度が高まっていきます。

糖尿病患者の95%以上は、インスリンの働きが弱い若しくはインスリンの働きが悪いため、ブドウ糖がうまく取り入れられず血液中にあふれてしまっています。(2型糖尿病

糖尿病の患者数

糖尿病の人口
糖尿病の人口は、2050万人と言われ、総人口の約17%にもなります。そのうち、糖尿病が強く疑われる人は950万人、糖尿病の可能性を否定できない人は1,100万人にものぼります。
患者数はますます増加しており、深刻な現代病といえます。

糖尿病の種類

糖尿病にはいくつかの種類があります。
大きく分けると、1型糖尿病と2型糖尿病に分類されます。
さらに妊娠糖尿病、その他の原因から発症する糖尿病があります。

糖尿病の原因

糖尿病患者の増加と時代背景
糖尿病の大きな原因は「高齢化」と「生活習慣」の変化です。
生活習慣の大きな変化は、以下のようなものが代表的です。
現代社会は、いずれかを抱えている人が多いのが現状です。

  1. 食べ過ぎ
  2. 飲み過ぎ
  3. 運動不足
  4. ストレス

糖尿病の恐ろしさ

糖尿病自覚症状がなく、気づきにくいのが特徴です。
糖尿病の疑いがある場合は以下のような症状が現れます。

症状に気づいた時には重症化しているケースもあるので、
「おかしいな…?」と少しでも感じたら、なるべく早めに
受診するのがお勧めです。

糖尿病の初期症状 -疲れやすい

糖尿病になると細胞に必要な糖が供給されず、栄養が行き届かないため、体が非常にだるくなり、疲れやすくなります。

また、しっかり睡眠をとっても疲れが取れにくくなり、慢性的に疲れた状態が続きます。栄養が行き届かないので筋肉も衰え、食べても食べてもやせ細っていくということも起こります。

糖尿病の初期症状 -のどが渇きやすい

人間の体は血糖値を一定にしようと働いています。
糖尿病の兆候が現れてくると、血液中の血糖値が高くなります。
すると、体は水分を使って血液中の血糖値を下げようとします。
このため、摂取した水が余計に使われてしまうため、体が常に水分を欲する状態になってしまうので、異常なのどの渇きが起こります。

糖尿病の初期症状 -尿の頻度が高い

のどの渇きとともに尿の頻度が増えます。
血糖値を下げるためだけに水を使います。
使った水は体に吸収されず、尿として排出します。

水分を多く含むため尿の色も薄くなります。また、甘酸っぱいにおいがする場合も糖尿病が強く疑われます。

これらの症状が現れたときは、すでに血糖値がかなり高い状態になっている可能性があります。
自分で判断せず、速やかに医師に受診することが早期発見、早期治療の近道です。

糖尿病は発症までに時間がかかる

糖尿病は発症までに5-10年と長い時間がかかるといわれています。日々の不摂生や生活習慣の悪さの積み重ねが原因になります。
日々の生活習慣を見直し、未来の自分のために生活習慣改善に努めましょう。
糖尿病・甲状腺いしやま内科クリニックでは、糖尿病教室を行っています。管理栄養士による栄養指導もありますので、ぜひ一度お気軽にご参加してみてはいかがでしょうか。

糖尿病の合併症

糖尿病の恐ろしい点は、様々な合併症を引き起こすことです。
特に糖尿病によって発症する可能性が高い症状は、三大合併症と言われています。

糖尿病の合併症 ‐網膜症

悪化すると失明してしまう病気です。
中途失明の原因の第1位は、糖尿病によるものです。
血行障害で眼底の血管が詰まり視力が低下します。
網膜症についてもっと詳しく知る

糖尿病の合併症 -腎症

悪化すると人工透析が必要になります。
腎臓が血液のろ過をうまくできなくなります。糖尿病が原因の人工透析患者は、毎年1万人ものペースで増え続けているのが現状です。

糖尿病の合併症 -神経障害

最悪の場合、下肢切断の危険性があります。
手足の血行が悪くなり神経障害が起こります。しびれや感覚のにぶりなどに始まり、悪化すると壊疽(えそ)します。

糖尿病の合併症 -その他の合併症

動脈硬化、動脈硬化による狭心症、心筋梗塞、脳卒中、膀胱炎や虫歯、歯周病などの感染症、皮膚のできものなど様々な病気を引き起こす原因になります。

糖尿病の初期症状が気になる方はご相談ください

疲れやすい、のどが渇きやすい、尿の頻度が高い、といった
体の変化がある方はぜひ一度、受診をお勧めします。
早期発見が糖尿病の予防や進行を食い止める最善の方法です。

糖尿病について勉強する

糖尿病は、生活習慣やストレスから始まることが多い病気です。
しかも発症までの期間が長く、一度発症してしまうと治療に時間がかかり、様々な病気を併発するのが特徴です。
普段の生活を見直し、少しずつでもいいので改善することが糖尿病の予防につながります。

糖尿病・甲状腺いしやま内科クリニックでは、奇数月に糖尿病教室を開催しています。
医師だけでなく、常駐する管理栄養士のアドバイスも受けることができます。患者様でなくても気軽に参加できます。
糖尿病教室について詳しくはこちら

糖尿病豆知識

世界糖尿病デー

2006年12月20日、国連は国連総会義で、IDF(国際糖尿病連合)が要請してきた「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を加盟192カ国の全会一致で可決しました。同時に、従来、国際糖尿病連合(IDF)ならびに世界保健機関(WHO)が定めていた11月14日を「世界糖尿病デー」として指定しました。

#show(): File not found: "WDD-logo-JP.png"

IDFは決議に先駆け、”Unite for Diabetes”(糖尿病との闘いのため団結せよ)というキャッチフレーズと、国連や空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」を使用したシンボルマークを採用。全世界での糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。

糖尿病・甲状腺いしやま内科クリニックも糖尿病との闘いに団結するという活動に賛同し、当院のロゴに想いをこめています。
当院のロゴについて

世界糖尿病デー、ブルーライトアップ

世界糖尿病デー

11月14日は世界糖尿病デーです。
世界糖尿病デーのシンボルマークのブルーサークルにちなんで世界各地でブルーにライトアップするイベントが行われています。
愛知県内でも名古屋城や岡崎城がライトアップされます。

糖尿病・甲状腺 いしやま内科クリニックでは、11月1日から11月30日までの1か月間、当院の立て看板をブルーにライトアップします。

世界糖尿病デーのホームページはこちら

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional