糖尿病や甲状腺の病気が専門の日進市(名古屋市東部)の内科クリニックです。

糖尿病のための食品交換表

食品交換表

食品交換表とは、糖尿病患者のための食事療法を簡単に実践するためのものです。

食品を6つの分類に大別して1単位を80kcalとし、1日の摂取カロリーを計算を簡単にします。

6つの分類とは以下の通りです。

  1. 主に糖質を含む食品
    穀物、いも、糖質の多い野菜と種実、豆(大豆を除く)
  2. 果物
  3. 主にたんぱく質を含む食品
    魚介類、肉、卵、チーズ、大豆とその製品
  4. 主にたんぱく質を含む食品
    牛乳と乳製品(チーズを除く)
  5. 主に脂肪を含む食品
    油脂、多脂性食品、アボカド
  6. 主にビタミン、ミネラルを含む食品
    野菜(一部の炭水化物の多い野菜を除く)、海藻、きのこ、こんにゃく

食品交換表の使い方

1日の指示エネルギー量を単位に変換する。
例えば、指示エネルギーが1600kcalの場合は80kcalが1単位なので、20単位となります。これが1日の指示単位になります。

この指示単位をもとに主治医と管理栄養士が、患者の合併症の有無や食習慣や嗜好などを考慮し、表1~6に単位を振り分けます。

さらにこれを朝食、昼食、夕食、間食に振り分けてこれを基に
して献立を作ります。

なお、同じ表の中の食品であれば同じ単位ずつであれば、交換することができます。これで食事に変化をつけることができます。

配分の原則

食品交換表の単位の配分には原則があります。

  1. 表1、3、6の食品は朝食・昼食・夕食に均等に配分する。
  2. 表5の食品と調味料は、その日の料理に合わせて使用し、合計が1日の指示単位を超えないようにする。
  3. 表2、4の食品は3食に配分するか、間食にする。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional