糖尿病や甲状腺の病気が専門の日進市(名古屋市東部)の内科クリニックです。

糖尿病患者の年末年始の血糖値

糖尿病患者の年末年始の血糖値

年末年始の過ごし方が血糖値コントロールのカギです!
年末年始は血糖値が1年のうちで最も悪化する可能性がある時期です。
糖尿病患者(糖尿病予備軍も含む)が最も気を付けなけばいけない時期です。

年末年始に血糖値が上がりやすい理由

年末年始に血糖値が上がりやすいのは大きく3つの理由があります。

  1. イベントが多い
    クリスマス、忘年会、お正月、新年会と1年のうちで最もイベントが集中する季節です。
    このため暴飲暴食になりがちです。
  2. 長期連休があり寒い
    メーカーにお勤めの方々なら少なくとも7連休程度はあるのではないでしょうか?長期連休中は家でゴロゴロしがちです。さらに寒いので余計に家から出たくなくなり、運動不足になります。
  3. 血糖値が上がりやすい食べ物
    お餅は血糖値が上がりやすい代表的な食べ物です。
    おせち料理は塩分や糖分が多い食品が多く血糖値も上がりやすくなります。
    さらに外食は味付けが濃い場合が多いため血糖値が上がりやすくなります。


楽しい年末年始を過ごすとともに血糖値コントロールも上手に行いましょう。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional