糖尿病や甲状腺の病気が専門の日進市(名古屋市東部)の内科クリニックです
糖尿病・甲状腺 いしやま内科クリニック

名古屋・日進の糖尿病教室

糖尿病教室

糖尿病 ・甲状腺いしやま内科クリニックは 糖尿病教室 を定期的に開催します。
当院では、 糖尿病教室いしやまカフェと題しています。

いしやまカフェとは?

堅苦しい教室ではなく、カフェに来る気軽な感覚で、より身近に糖尿病の予防・健康増進について学んでいただきたいという想いがあります。

毎回違ったテーマで、糖尿病 にまつわる生活習慣、栄養指導などを専門医・そして当院所属の管理栄養士がそれぞれの専門家ならではの視点で、大切なポイントを分かりやすくご説明いたします。

参加資格は、糖尿病 の治療を受けている方はもちろん、糖尿病 でない方でも参加できます。(当院を受診していなくてもかまいません)

糖尿病 について知りたい方、糖尿病 ではないが心配な方、糖尿病について興味・関心がある方、どなたでもお気軽にお越しください。

糖尿病教室 のお知らせ(次回日程は決まり次第お伝えします)

第31回糖尿病教室
開催日:2021年5月19(水)※終了しました

炭水化物って何?炭水化物の多い食品は?

実際の食品を使って、炭水化物食品および、
食品に含まれる炭水化物の量を確認しましょう。

糖尿病教室

糖尿病教室 「いしやまカフェ」への参加方法

糖尿病教室へは、当院を受診していない方、糖尿病でなくても、
興味のある方ならどなたでも参加できます。

  • マスク着用
  • 完全予約制です。(予約期間11月16日~12月11日)
  • 受講料(300円程度)をお願いします。
  • お茶代・資料代として200円お願いします。
  • 定員になり次第締め切りといたします。

お問合せ・ご予約先
052-806-6001

コロナウイルス対策の実施について

換気・消毒を行い、コロナウィルス感染予防に努めております。安心してご参加下さい。昨今の状況を踏まえ、急な変更もあると思われますがご了承下さい。

当院の 糖尿病教室 は医師と管理栄養士がタッグを組みます

当院には、管理栄養士が常駐しています。
糖尿病・甲状腺いしやま内科クリニックでは、治療はもちろんのこと食生活習慣も治療に欠かせないという考えを持っています。多くの医院は管理栄養士を臨時で招いていますが、当院は常駐していますので、いつでも専門的な栄養指導が行える体制を取っています。
医師と管理栄養士がタッグを組み、それぞれの高度な専門知識を生かして皆様が日常生活で実践できる教室になっています。

管理栄養士は栄養管理のスペシャリスト

厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導、個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導並びに特定多数人に対して継続的に食事を供給する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等を行うことを業とする者

糖尿病教室 はどなたでも参加できます

いしやま内科クリニックの 糖尿病教室 は、当院を受診されたことの無い方もお気軽に参加いただけます。

特に、次のような方にお勧めです。

  • 糖尿病でお悩みの方
  • 将来の糖尿病を予防したい方
  • パートナーの糖尿病を予防したい奥様
  • 現在の生活習慣・食生活が心配な方

当院を受診したことのない一般の方もご参加可能です。

当院の 糖尿病教室 は少人数制です

いしやま内科クリニックの 糖尿病教室 は10人程度の少人数で開催します。
少人数にこだわる理由は、糖尿病 に関する知識をキチンとお伝えし、参加者全員に理解を深めていただきたいという想いからです。

糖尿病教室 の開催場所

糖尿病・甲状腺いしやま内科クリニック

アクセスはこちら
糖尿病教室 は昼の休み時間に開催しますので、お気軽にご参加いただけます。

参加方法(お問合せ・お申込み )

完全予約制となります。定員に達し次第、募集を締め切りますのでご注意ください。

ご連絡方法(ご予約)

  1. ご来院時に受付
  2. 電話の場合:052-806-6001

糖尿病教室 の年間スケジュール

糖尿病教室 の定期開催は、6、9、11、3月の開催です。ただし、コロナの影響によってスケジュールが変更になることもありますので、ご了承ください。

糖尿病教室 の内容と方針

糖尿病教室の内容は、その時その時期に話題になっていること、気を付けた方がよいことをテーマにします。

例えば、年末年始であれば、おせち料理)や果物の適正量、運動療法などです。

いしやま内科クリニックは、次の2つを基本方針として、皆様の役に立つ 糖尿病教室 にします。

  1. 難しい内容にならないようにする
  2. 誰が聞いても分かる

詳しい日時や内容はクリニックまたはホームページに掲載しますのでご確認ください。

Scroll Up