糖尿病や甲状腺の病気が専門の日進市(名古屋市東部)の内科クリニックです。

糖尿病・甲状腺の検査

当院で実施できる健診・検査のご案内

糖尿病・甲状腺いしやま内科クリニックで実施できる
健診・検査についてご案内します。

健診(日進市指定医療機関)

当院は、日進市指定医療機関として認定を受けています。
次の健診や検査が受診できます。

  • 特定健診
  • 特定保健指導
  • がん検診(大腸がん、肺がん、前立腺がんに限る)
  • 肝炎ウイルス検診

当院で行える検査

フリースタイルリブレ:血糖値検査

フリースタイルリブレ
指先を傷つけることなく、腕につけたセンサーから血糖値の変化が分かります。測定器をセンサーに近づけるだけで数値が表示されます。

センサーは2週間つけっぱなしで、防水仕様でつけたまま、入浴やスポーツができます。

新しく飲み始めた薬がどのように効いているのかなど患者さんやご家族の意識を高め、医師や栄養士と一緒に相談しながら治療していきます。

超音波検(エコー):甲状腺・頸動脈の動脈硬化

超音波検査
甲状腺や頸動脈の動脈硬化を測定します。
放射線による被曝がないため、体への負担が少ない検査が可能です。

  • 甲状腺エコー
    喉のあたりにある甲状腺に超音波をあて、甲状腺の大きさ、病変の位置や大きさ・性状などを調べます。
  • 頸動脈エコー
    頸動脈壁にあるプラーク(かたまり)の状態や、狭窄部分(血管の狭くなってしまった部分)の血流の速度、血流の方向などを調べます。

血液検査:コレステロール、血糖、腎機能等

血液検査
当クリニックでは、コレステロール、血糖、腎機能、肝機能などの
血液検査以外にもHbA1C、甲状腺検査も院内で行うことができます。
そのため、当日に結果をお知らせすることができ、再度来院してもらうことなく、その場で診療に活かすことができます。

血圧脈波検査(動脈硬化の進行具合)

血圧脈波検査
血管の硬さやつまり具合を測定し、どのくらい動脈硬化が進行しているかの目安を知ることができます。
手足4か所の血圧を同時に測定し、5分程度で終了します。
痛みはないのでご安心ください。
多くの病気の引き金になる動脈硬化ですので、早めに進行具合を知っておくとよいでしょう。

内臓脂肪測定

血圧脈波測定
内臓脂肪型肥満の診断・治療を行うために、X線の被曝なしに簡単に内臓脂肪を測定できます。
心血管病を予防するためには内臓肥満を早期に見つけ改善することが大切です。

メタボリックシンドロームとは?
内臓脂肪の蓄積があると、糖尿病、中性脂肪の上昇、善玉コレステロールの低下、高血圧などの動脈硬化を進める危険因子を複数併せ持つことが多くなった状態を指します。

神経伝導検査(感覚神経の障害)

神経伝導検査
糖尿病の3大合併症は次の3点です。

  1. 網膜症
  2. 腎症
  3. 神経障害

糖尿病性末梢神経障害の中でも感覚神経の障害が最も早くから起こると考えられています。また、しびれや痛みなどの自覚症状がみられる前から、感覚神経の障害は起きています。
神経伝導検査を行うことで、糖尿病性末梢神経障害の早期発見ができます。

骨密度測定

骨密度測定
かかとを挟んで超音波を出して測定します。
座っているだけで、痛みも無く数分で検査できます。

骨粗しょう症とは?
人間の骨は、加齢とともにもろくなっていきます。
普通の生活をしていても困るほど、骨量が減少して骨がスカスカになる病気です。
なお、骨全体が弱まっている為に骨折しやすく、折れてしまった骨が元に戻るまでに時間がかかるようになってしまいます。

検査・健診を受けたい方へ(診療内容と診察時間)

上記の検査・健診のほか、栄養指導や予防のご相談も可能です。

診療時間
休診日は、日曜、祝日、木曜、土曜日午後です。

当クリニックへのお問合せ先はこちら
TEL:052-806-6001
※スマホの場合、電話番号をタップするとそのまま電話できます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional